入学するには?Admission

Home > 入学するには? > 高校生対象入試

高校生対象入試

特典

1一科目免除制度

体験レポート及び必要書類の提出により筆記試験が1科目免除される制度です。

1病院見学型
2体感授業型
本学院の4月〜10月のオープンキャンパスにおいて理学療法士が働く現場を見学する、または理学療法士の学びを体験し「体験レポート」を作成することによって、筆記試験や高校での学業成績だけでは見ることのできない受験者の適性、学習意欲、目的意識総合的に評価します。
3大学併願型
大学・短大の入試を受験した方で、理学療法士として社会に貢献したいという強い意志を持って本学院を受験する方が対象です。

2星城大学との併願制度

本学院に合格して入学金・学納金を納入後に星城大学(リハビリテーション学部 以後星城大学)にも合格し、星城大学に入学するために本学院を辞退する場合、納付済みの入学金・学納金全額を星城大学へ振り替えます。
詳細はこちら


3奨学金プラス試験

本学院の入学試験に加え、奨学生を選考する試験を行う本学院独自の奨学金制度です。
奨学生に選考された方は学費免除を受けることができ、経済的負担を大きく軽減することができます。
奨学金プラス試験の受験には「受験資格認定証」が必要です。
オープンキャンパス、個別相談会、学校・入試説明会、夜間授業見学会、奨学金プラス試験説明会にご参加頂いた方へ配布します。
詳細はこちら


4医療系国家資格所有者奨学金

医療系(福祉系)国家資格の有資格者(取得見込み者)が入学する場合、入学手続き時に入学金を全額免除します。(返還不要)
詳細はこちら


入試方法

AO入試(専願)平成31年度の高校生AO入試エントリーは終了しました。

試験科目
  • ①面談
※事前にエントリーシートの提出が必要です。
受験資格
次の条件をすべて満たす者。
  • ①高等学校を平成30年度卒業見込みの者。
  • ②合格した場合、入学を確約できる者。

入試日程はこちら

公募推薦入試(併願可)

試験科目
  • ①面接
  • ②調査書
  • ③数学・英語・国語 より1科目選択(注1)
※一科目免除制度(注2)を利用した場合、面接を除く試験科目が1科目免除されます。
受験資格
次の条件をすべて満たす者。
  • ①高等学校を平成30年度卒業見込みの者。
  • ②評定平均値3.0以上の者。
  • ③在籍する高等学校長の推薦を得られる者。

入試日程はこちら

  • (注1) 数学(Ⅰ・A)・英語(リスニング除く)・国語(現代文)
  • (注2) 一科目免除制度 詳細はこちら

指定校推薦入試(専願)

試験科目
  • ①面接
  • ②調査書
受験資格
次の条件をすべて満たす者。
  • ①高等学校を平成30年度卒業見込みの者。
  • ②各高等学校に提示した評定平均値以上の者。
  • ③在籍する高等学校長の推薦を得られる者。
  • ④合格した場合、入学を確約できる者。

入試日程はこちら

準指定校推薦入試(準専願:星城大学のみ併願可)

試験科目
  • ①面接
  • ②調査書
  • ③数学・英語・国語 より1科目選択(注1)
※一科目免除制度(注2)を利用した場合、面接を除く試験科目が1科目免除されます。
受験資格
次の条件をすべて満たす者。
  • ①高等学校を平成30年度卒業見込みの者。
  • ②各高等学校に提示した評定平均値以上の者。
  • ③在籍する高等学校長の推薦を得られる者。

入試日程はこちら

  • (注1) 数学(Ⅰ・A)・英語(リスニング除く)・国語(現代文)
  • (注2) 一科目免除制度 詳細はこちら

一般入試

試験科目
  • ①面接
  • ②③数学・英語・国語 より2科目選択(注1)
※一科目免除制度(注2)を利用した場合、面接を除く試験科目が1科目免除されます。
受験資格
次の条件のいずれかを満たす者。
  • ①高等学校を平成30年度卒業見込みの者。
  • ②通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
  • ③文部科学大臣が行う高等学校卒業程度認定試験(従前の大学入学資格検定を含む)に合格した者。

入試日程はこちら

  • (注1) 数学(Ⅰ・A)・英語(リスニング除く)・国語(現代文)
  • (注2) 一科目免除制度 詳細はこちら

奨学金プラス試験

試験科目
  • 英語・小論文 (注1)
受験資格
一般入試後期A・後期Cを除く全入試区分に併設(希望者のみ)

※受験には、「受験資格認定証」が必要です。

詳細はこちら

  • (注1) 試験科目に小論文と英語が追加されます。
            AO入試・指定校推薦入試を受験する場合は必ず英語を受験してください。
            また、上記以外の入試を受験する場合、選択科目は必ず英語を選択してください。
           (併願の可否は各入試区分による)

このページのTOPへ